年商1億店舗経営者がせどりをはじめたらこうなった

【必読!】せどりすとを使ってせどりを効率化!初心者でもわかるように使い方・基本情報を解説します!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
イチオク
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

せどりで効率よく稼ぎたいと思っているなら、役に立つツールを使うことが重要です。

せどりに慣れてくれば、ある程度相場もわかっていますが、慢心してはいけません。

プロのせどらーでも、ツールを駆使して仕入れをしていますからね!

「せどりすとについて知りたい!」

「せどりすとの使い方を知りたい!」

「せどりすとってどういうツール?」

今回は、このような悩みを抱えている人のために、せどりすとがどういうツールなのか解説していきたいと思います!

スマホアプリで気軽に使えるツールであり、店舗せどりの際に役にたつので、これからせどりを始めたいと思っている人は必見ですよ!

そもそも「せどりすと」とはどういうツール?

せどりすとは、iOS端末限定のアプリであり、せどりを効率化することができます!
※android版はせどろいどというツールです

バーコードリーダーを搭載しており、カメラ機能と連携することで、商品バーコードを読み込むことができます。

バーコードを読み取ると、下記の商品情報が表示されます。

・商品ページ

・商品ランキング

・最安値、最高値

・粗利

ようは、店舗せどりで商品相場を調べる際に役に立つツールです!

アプリをインストールすれば、商品を読み込んで販売価格を一瞬で判別できます。

商品知識がなくても相場だけは調べられるので、初心者は必ずインストールしたいところ。

ちなみに、せどりすとには無料版・有料版が存在します。

有料版のせどりすとは何ができる?

せどりすとは、無料でインストールすることができるものもありますが、有料版も存在します。

有料版は大きく分けて、下記の二つに分類されます。

・せどりすとプロ

・せどりすとプレミアム

それぞれ初期費用として料金がかかりますが、月額制ではないので一度購入すればそれ以降費用はかかりません。

無料版に比べると機能面が一切異なるので、ガチでせどりをしたい人は購入を検討するべきです。

せどりすとプロ

せどりすとプロは、2,800円で購入することができるツールです。
基本的には無料版と一切変わらず、下記の機能を利用することが可能です。

・バーコードを読み取る

・連続してバーコードを読み取る

・商品の自動検索

・Amazonの出品※要Amazonアカウント

これら以外にも、FBAを利用した際の粗利を想定することができる機能も付いています。

しかしこれらの機能は無料版でも利用することが可能で差別化はありません。

無料版・せどりすとプロとの違いといえば、広告が非表示になるという点ぐらいです。

無料版のせどりすとでは、ページ下部に広告が表示されます。

うっとおしく感じる人もいると思いますが、2,800円も支払って広告が非表示になるだけなら使わないほうが良いですね。。

せどりすとプレミアム

せどりすとプレミアムは、せどりすとプロとはかなり差別化を行っており、使い勝手が良いものになっています。

インストールする際は無料ですが、プレミアム会員になる必要があるので月々5,400円の費用が発生します。
※初月のみ10,800円

せどりすとプレミアムは、無料版と比べて下記の機能が追加されます。

・粗利計算

・インストアコードを読み込める

・商品リストをメールで送付できる

まず、せどりすとプレミアムは、無料版に比べると粗利計算の精度が上がります。

商品を読み込むと、画面上に電卓が表示されます。

FBA出品した際の利益を自動的に計算してくれるので、かなり使い勝手が良いです。

・商品個数

・仕入れた数

・利益

これらを確認することができるので、商品相場・利益を確認したいときにかなり役立ってくれます。

また、せどりすとプレミアムでは「インストアコード」を読み込むこともできます。

通常のバーコードは「JANコード」といわれるもので、特定の商品に共通で付与されています。

インストアコードとは、”TSUTAYA・GEO・ブックオフ”等が独自に商品を管理するために使用しているバーコードのことを指し、そちらが検索できるようになりました!

最後に、仕入れた商品のリストをメールで送れるようになったという点。

商品を仕入れる場合に、”仕入れリスト”というものに登録すれば、リストが作成されます。

CSVファイルをメールで送付可能であり、新品せどりで商品を繰り返し仕入れる場合に役に立ちます。

結論:本気で稼ぎたいなら絶対「せどりすとプレミアム」

せどりすとの有料版について解説していきましたが、もちろん無料版でも十分使うことができます。

せどり初心者は最初使い方がわからない人も多いと思うので、安定的に利益を出せるようになるまでは、無料版で代用するのも良いでしょう。

でも、今よりも利益を拡大したい人や、機能面を充実させたいと思う人なら「せどりすとプレミアム」一択です。

せどりすとプロは購入しても意味がありません。

せどりすとプレミアムは、月々5,400円の費用がかかってしまいますが、それ以上の価値は十分あります。

決して安くはありませんが、今後真剣にせどりをしたい人は最初から投資しておいて機能になれておくことをおすすめします。

せどりすとを使って実際に商品を検索する手順を解説します!

せどりすとの基本情報を解説したところで、実際にアプリを使って商品を検索する手順を紹介したいと思います!

難しい手順は一切なく、これから説明することを進めていくだけで良いです。

具体的な手順は、下記の通りです。

1.アプリをインストールする

2.実際に商品を検索する

かなり簡単にまとめていますが、それぞれのパートで具体的に解説していきますね!

1.アプリをインストールする

せどりすとは、iOS版限定のアプリです。

そのため、androidで”せどりすと”と検索してもヒットしないので、注意しましょう。

インストール手順は、下記の通り。

1.AppStoreを開く

2.せどりすとを検索

3.インストールする

普通のアプリをインストールする際と同じ手順なので、それぞれ進めていきましょう!

まず、AppStoreを開いて、せどりすとを検索します。

青色のアイコンが目印で、検索窓に”せどりすと”と入力すると、ヒットします。

そして、”ダウンロード”を押すとアプリをインストールすることが可能です。

インストール完了後は、スマホの待ち受け画面にせどりすとのアイコンがされているので、確認しましょう!

アイコンを確認出来たら、せどりすとを利用することができます!
※初期設定等はなくインストール完了後から使えます

2.実際に商品を検索する

せどりすとをインストールしたら、商品を検索する必要があります。

でも「どうやって使えばいいかわからない」という人がほとんどだと思うので、詳しい手順を解説しますね!

1.調べたい商品を探す

2.商品バーコードをスキャンする

3.商品画像・タイトルが表示されたら完了

基本的には、この手順を繰り返して相場を調べていきます!

今回、自宅にあった下記の本を例にしますね!

せどりすとでバーコードを読む際ですが、商品の裏を見ましょう。

すると、13桁のバーコードが出てくると思います。

一般的には、”バーコード”という言い方が正しいですが、JANコードと呼ぶこともあります。

バーコードを見つけたら、数字をせどりすとでスキャンしましょう。

左上のバーコードボタンをタップすると、カメラが起動します。

そして、バーコードにカメラを当てると、自動的に商品情報を読み取ってくれます。

最近ではアップデートされて、読み込むと即商品情報が表示されるようになりました。

商品画像・タイトル等が表示されたら、完了です!

Amazonで販売する際の相場や、粗利等を計算することができるので、使い勝手が良いです!

せどりすとを使いやすくする設定方法を解説!

基本的なせどりすとの使い方を学べたと思うので、次は使いやすくするための設定を紹介します!

多くのカスタマイズができるので、自分なりに使い勝手がよさそうな設定をして、繁栄すると良いでしょう。

今回教えるのは、下記の3つです。

・アラートの設定方法

・粗利の条件の設定

・FBA出品者向け設定

特に粗利の条件設定は、店舗せどりの時に役に立ちます!

バーコードを読み取った時点で、赤字になるのか黒字になるのか判断できますからね!

せどりすとを効率よく使いたいと思っている人は、必見です!

アラート設定方法

まず、アラート設定です。

右下にある”設定”のボタンをタップすると、このように表示されます。

デフォルト設定が左側ですが、今回は右側の画像と同様に設定してみてください。

この条件で設定すれば、目当ての商品を見つけやすくなります。

・粗利条件を満たす

・ランク条件を満たす

・全条件を満たす

これらを達成すると、商品検索画面で表示が変わるシステムです。

条件が成立した場合は、背景色が変化し、満たさない場合は縮小します。

条件設定は、3つまで設定可能であり、上記以外にも下記が挙げられます。

内容がよくわからない人は、先ほど紹介した設定をしましょう。

そして、背景色が黄色になった商品のみ仕入れると良いです!

粗利の条件を設定する

アラート設定の中で、”粗利条件を満たす”というものがあったと思いますが、正直どういう意味か分かりませんよね。

そのため、具体的な粗利の設定条件も解説しておきます!

設定画面の上部にありますが、自由に粗利を設定することができます。

この場合500円に設定しているのですが、下記の計算です。

「商品販売時に、FBA・Amazon手数料を差し引いた場合の利益が500円以上」

最低の利益を設定しておけば、赤字仕入れを免れることが可能です。

粗利を1,000円にしたければ、この数値を1,000円に入れ替えるだけですよ!

先ほど紹介したアラート設定で、”粗利条件を満たす”商品に該当すれば、背景色が変化するという仕組みになっています。

FBA利用者向けの設定方法

最後に、FBAを利用している人向けの設定を紹介しておきます。

Amazonアカウントで、”大口出品アカウント”に登録していて、FBAを使っている人は要チェックです!

粗利基準をカスタマイズできるので、利益を自動計算できるようになります!

せどりすと上の設定では、”粗利計算パラメーター”といわれており、必要コスト・利用状況に合わせて設定しておくと便利です!

この設定をしておくと、通常の粗利から出品者手数料+FBA利用手数料が差し引かれます。

取り扱っている商品によって異なると思うので、それぞれ内容を変更しましょう!

FBA用と自己発送で変えることもできますし、利用環境に合わせると便利ですよ!

せどりすとを使って商品を仕入れる判断基準を解説!

せどりすとを使って利益になる商品を見つけたいと思っても、具体的な使い方がわからないと意味がありません。

「仕入れ相場はわかるけど本当に仕入れていいかわからない」という人も少なくないので、商品を仕入れるための判断基準を解説していきたいと思います!

今回紹介する判断基準は、下記の通りです。

・差益がある商品かどうか

・商品価格を見る

・需要があるかどうかを調べる

検索作業をして、商品画像・ランキング等の情報が表示されますが、まずはこの3つを意識しましょう。

私は店舗せどりをするときに、必ずこれらをチェックしています。

店舗に行って利益になる商品を見つけるのは難しく、1日に何百商品ものバーコードを読み込むことがあります。

出品者の情報を見るのはあくまでも商品を絞った後であり、最低限のことのみ確認することが重要です。

リサーチしたときに利益が出ない商品を仕入れても意味がないので、見つけたら即排除することが重要です!

差益がある商品かどうか

まず、基本的なことですが、仕入れる商品が本当に利益になるかどうか確認しましょう。

せどり業界では、”差益がある商品”と呼びます。

Amazonで販売されている売値から、店頭で販売されている買値を差し引くと差益が出ます。

この時点で、仕入れるかどうか・リサーチするかどうかが決まるので、利益にならないものはどんどん省ていきましょう。

例えば、こちらの商品の場合、中古価格の最安値で1,673円で販売されています。

書籍なので、ブックオフ等で安いものを見つけることができれば利益になります。

しかし、この時点で調べることは、”価格差がでるかどうか”ということです。

あくまでも予想建てなので、価格差が本当に出るかはまだ判断できません。

「もしかしたら、利益になるかも」という感覚でリサーチしましょう。

例えば、あなたがこの商品を500円で仕入れることができた場合、差益がある商品かどうかわかりますよね!

こういう”利益が確定しそうな商品”を徐々に見つけていくことが重要です。

商品価格を見る

価格差がある商品を確かめたら、次は商品価格に注目しましょう。

先ほどの商品は中古品しかなかったので問題ありませんが、ものによっては新品商品も出品されていることがあります。

(例:小物家電、美容家電、ゲーム等)

原価割れする商品にありがちですが、中古価格が新品価格よりも高くなることがります。

中古価格が3,000円なのに、新品が2,000円ならユーザーはそちらのほうを購入します。

私の場合は新品せどりをメインに行っているので、それだけに注目していますが、基本的には中古価格のほうが安いです。

いくら需要がある商品でも、中古品でも状態がよく価格が安いもののほうが売れるので、見落としてはいけないポイントです。

特定の商品価格だけに注目して差益を出すのではなく、新品・中古の商品価格をチェックしてから、仕入れるようにしましょう。

需要があるかどうか確かめる

最後に、商品の需要を見て仕入れるかどうか判断しましょう。

せどりすとで検索すると、〇位と順位が表示されているのですが、こちらはAmazonランキングになります。

Amazonランキングが高ければ高いほど、売れているということなので、需要がある商品と判断できます。

例えば、こちらの商品の場合、ランキングが12,340位であり、そこまで売れ行きは良くありません。

しかし、本というカテゴリーの中では十分高いランキングなので、売れる可能性は大いにあります。

・差益があるかどうか

・商品価格を調べる

・需要があるかどうか

これらを確認して、条件をクリアすれば仕入れても問題ありません。

価格差があっても、需要がない商品をいくら仕入れても意味がありませんからね…

こちらの商品は、評価も少なく、ランキング順位は31万位です。

この様な商品は、いくら利益があるとしても売れる可能性は少ない商品。

私の経験から見てもおそらく売れないジャンルなので、仕入れないほうがいいです!

せどりすとで仕入れる商品を見つけた後にする3つの手順!

実際にせどりすとを使って需要がある商品を見つけることができたら、いよいよ仕入れです!

差益があって、需要がある商品を仕入れることができれば、あとは出品するだけですからね!

新品商品の場合は、検品をすることなくそのまま横流ししてもOKです!

こちらのゲームソフトですが、新品で仕入れたものになります。

セール価格で4,400円で仕入れることができたので、相場を調べる手順に移ります。

具体的な手順ですが、下記の通りです。

1.モノレートで販売価格をチェックする

2.売れるかどうかの最終確認をする

3.出品する

基本的には、これらを繰り返して出品していきます!

モノレートで販売価格をチェックする

モノレートは、Amazonで販売されている商品の価格推移や需要を調べることができるツールであり、商品を出品するときに役に立ちます。

こちらの、左下のアイコンをタップすると、モノレートに移行します。

”価格推移”というページで、それぞれグラフが表示されるのですが、何を見ればいいかわかりませんよね汗

販売価格をチェックする場合は、モノレートの真ん中のグラフを見ます。

※パソコン版で表示しています

すると様々なグラフが出てくるのですが、下記の順番にタップしてください。

①新品

②プライム

すると、新品商品かつFBA出品のグラフが出てきます。

この作業をすれば、新品の販売価格を把握することが可能です。

こちらの商品の場合は平均価格が8,576円と書いていますが、ランキングが落ち込んでいることがわかります。

2月24日時点での最安値は6,000円になっているのですが、ゲームソフトということもあって需要が下がってきた証拠です。

私は12月の年末商戦の際に仕入れたので、8,000円程度で売り切ることができました。

実際の仕入れ値と、直近の3か月の価格推移を見て販売価格を設定しましょう。

売れるかどうかの最終確認をする

モノレートで販売価格が決まったら、実際に売れるのかどうかを確認しましょう!

需要がある商品ほど売れやすいのですが、モノレートで判断することができます。

判断基準ですが、ランキンググラフを参考にしましょう。

一応、せどり業界では目安がありますが、個人差があります。

・家電製品:2万位以内

・ゲーム、ホビー品:1万位以内

・CD:3万位以内

その他にも目安はありますが、あくまでも平均なので、本当に売れるかどうかの判断材料にはなりません。

このグラフで最も意識したいのは、下記の部分です。

赤枠で囲んでいる部分ですが、ギザギザしているのがよくわかります。

こちらのギザギザこそが、商品が売れたかどうかの判断材料になります。

かなり簡単に説明すると、山になっている部分が売れたということです。

この様に、山1つ=商品が売れたということなので、ギザギザしているほど商品が売れているということになります。

需要がない商品は、売れないことが多いのでギザギザしません。

ではこの何を見るかというと、3か月間の山の個数を判断しましょう。

モノレートグラフでは、右上から期間指定をすることができます。

ここで3か月を指定して、下記の条件の商品を探します。

・3か月で12個山を作っているもの

・平均順位が高いもの

・波がない商品

3か月12個=1週間で1個のペースで売れているので、結構売れ行きが良い商品です。

頻繁に売れていなくても、コンスタントに売れ続けているものであれば仕入れましょう。
※ギザギザが頻繁なものであれば問題ありません。

こちらは、ギリギリ仕入れてよい別商品のグラフです。

できれば、これ以上にギザギザしているものを仕入れるのがベスト!

差益があって需要も問題なければ、あとは出品するのみです!

出品する

売れる商品を見つけて利益も出ることがわかったら、あとは出品するのみです!

FBAに登録している場合は、そのまま納品して問題ありません!

仕入れている商品にもよりますが、新品未開封の商品の場合は検品はノータッチで良いです。

しかし中古商品を仕入れる場合は、状態をしっかりチェックしておく必要があります。

Amazonではクレームで返品されることもあるので、基本的なチェックはしておきましょう。

・動作チェック

・傷、汚れのチェック

・カビのチェック※カメラは特に

また新品商品でも、保証書の有無で返品を求められることもあるようです。

家電量販店で仕入れた時に多いのですが、型番・モデルが古いものを仕入れると保証期間が切れていることがあります。

相手も新品で保証が利くものだと思って購入しているので、それがクレームに発展するのです。

新品せどりをする場合は、商品によっては検品しなければならないので要注意です!

まとめ

せどりすとはAmazonでせどりをするときに役に立つツールです。

無料版・有料版が存在しますが、全部の機能を使えるのは有料版です。※プレミアムを使いましょう

ただし、無料版でも十分リサーチをすることができますし、色々なコードに対応しています。
(例:ブックオフ、ドンキ等の独自コードも対応済み)

せどりすとを使えばリサーチの時間が圧倒的に減りますし、商品相場を一目で確認することができます。

プロのせどらーでも使っており、特に店舗でせどりをする場合は必需品になります。

バーコードさえ読み込めばほとんどどの商品でも相場を調べられるので、インストール必須です!

今回紹介した使い方や相場の調べ方を意識すれば、問題ありません!

まずは月給+5万円目指しましょう!

せどりは星の数ほどあるビジネスの中で最も「再現性」が高いビジネスです。

再現性が高いという事は誰がやっても稼げるという事。

あとは「行動する」だけなのです。

結果を出している人は例外なく行動しています。

この無料プレゼントを受け取っていただき、成功までの足掛かりにしてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
イチオク
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチオクブログ , 2020 All Rights Reserved.