年商1億店舗経営者がせどりをはじめたらこうなった

【超重要】せどりで利用したい配送業者は?料金を節約する方法を解説します!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
イチオク
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

せどり・転売を本格的に始めて、徐々に商品が売れることがあると思いますが、その際発送方法に困ることがあると思います。

種類が多すぎますし、できることなら経費を抑えて発送したいというのが本音だと思います。

「Amazon転売でお得に配送する方法はある?」
「各配送サービスの料金を比較してほしい!」
「個人事業主でも配送業者と契約することはできる?」

今回は、このような悩みを抱えている人のために、せどり・転売の配送方法について解説したいと思います!

送サービスの料金プランを比較したので、お得に発送したい人は必見です!

Amazon転売の配送方法の種類を解説します!

Amazon転売をする際ですが、大きく分けて2つの配送方法があります。

・FBA納品
・自己配送

いずれも、Amazon転売をしたことがある人なら一度は耳にすると思います。

FBA納品とは、Amazonが管理している指定の倉庫に、商品を送るサービスのことを指します。

納品が完了すると、商品が売れた時点で倉庫で梱包・配送の手続きをしてくれるので、手間がかかりません!

自己配送は、その名の通り自分で発送するサービスのことを指し、商品が売れた時点で購入者あてに商品を送らなければなりません。

それぞれの違いを挙げると、手数料の面で若干違いがあります。

こちらの画像は、任天堂Switchの利益シミュレーターです。

FBA納品の場合は、納品時の手数料がかかるので若干高くなっています。

しかし、自己配送の場合は、購入者に商品を送るだけなので、その送料しかかかりません。

そのため、料金面だけを考えると自己配送のほうが良いように思えます。

ただ、梱包の手間や売れ行きを考えると、FBA納品のほうが良いという声も多いです。

実際、私もAmazon転売をする際は、FBA納品をメインで使っています。
※むしろ自己配送を使うことはほとんどありません

大量に商品を仕入れて転売しようと思っているなら、断然FBA納品がオススメです!

FBA納品

FBA納品について知らない人のために、簡単に概要を説明しますね!

先ほども紹介しましたが、FBA納品とはAmazonが管理する倉庫に商品を送ることを指します。

メルカリを例に出すと、通常は下記の流れで商品を発送すると思います。

「商品購入⇒入金確認⇒梱包⇒発送」

いずれも、出品者で負担しなければならず、梱包から発送まですべて行う必要があります。

しかし、FBA納品の場合は違います。

FBA納品ですることは、商品を梱包して倉庫に送るだけです。

それだけで、納品が完了します。

商品が売れた場合は、倉庫で梱包して発送してくれるので、出品者の手間はほとんどかかりません!

こちらの発送方法は、下記の人に適しています!

・大量に商品を仕入れた
・まとめて商品を送りたい
・梱包・発送の手間をかけたくない

FBA納品をする際は、配送業者を使って倉庫に納品してもらうのですが、後述するエコムー便がオススメですよ!

格安で納品することができて、大型段ボールでも2,000円以下で発送することが可能です。
※地域による

FBAでは、倉庫で在庫を管理してくれるので、手元に在庫が残ることはありません。

今まで、仕入れた商品の置き場に困っていた人は、FBA納品を使うと良いでしょう。

Amazon転売で、利益を拡大していきたい人は要チェックです!

自己配送

次に、自己配送です。

FBA納品とは異なり、自分で梱包・発送をしなければならないので、手間がかかります。

しかし、経費を抑えることができるので、諸手数料を削減したい人は必見です!

Amazon転売をしている人は、基本的にFBA納品をしているイメージがありますが、状況次第では自己配送のほうがお得の場合も。

・封筒の梱包で収まるもの※本・CD等のメディア関連
・ダンボール配送※ホビー品・ゲーム機等

こちらの商品は、FBA納品で送っても良いですが、納品にも手数料がかかるので、少数の仕入れの場合は自己配送のほうが圧倒的にお得です。

例えば、ゲームソフトを販売する場合。

こちらの商品は、A4の封筒で送ることができるサイズです。

周りを衝撃吸収材で囲んだとしても、安く送ることができます!

その際に利用したいのは、日本郵便のクリックポストです。

こちらのサービスは、全国送料一律185円で送れます。

ポスト投函で発送が可能であり、インターネットで手続きをすれば、FBA納品のようにラベルを印刷して貼り付けるだけで手続きは完了します。

※決済もネット上で完結します

つまり、封筒に入れてラベルを張り付けるだけで梱包は完了するのです!

大量に仕入れる場合は、FBA納品のほうがオススメですが、商品数が少ない場合は自己配送で完結します。

手間がかからず売れるのはFBA納品!

FBA納品と自己配送ですが、それぞれにメリットがあります。

しかし、本格的にAmazon転売をするなら、FBA納品がオススメです!

特に、大口出品に登録していて、月間で50商品以上を捌く人はFBA納品一択でしょう。

・在庫を確保するスペースが必要
・商品梱包に手間がかからない
・時間を短縮することができる

ちなみに、大口出品に登録するとプライムマークというものが付与されます。

こちらは、FBA納品をする際にしか付与されないものであり、商品が購入されやすくなるマークです。

この様に、商品ページでPrimeというマークが目印です。

自己配送の場合は、こちらのマークが付与されないので、注意したいところ。

また、FBA納品は梱包のプロが行ってくれるので、自己配送よりもクレームが発生しづらいです。

自己配送場合、こちらの匙加減で梱包をすることになり、段ボールの状態や吸収剤次第では、クレームに発展することもあります。

この場合、Amazonで低評価をつけられてしまう可能性もあり、今後の売れ行きに大きく影響する場合も。

この様なリスクを避けるためにも、本格的にAmazon転売を拡大していきたいと思っているなら、FBA納品をしたほうがオススメです!
(商品数が多いなら猶更)

各配送サービスの料金を比較してみた!

Amazon転売の配送方法を解説したので、各配送サービスの料金比較をしたいと思います!

せどりをしていれば、送料の問題が大きくなります。

商品が売れれば売れるほど発送しなければなりませんし、何かと負担になりますからね。

送料を抑えることで、その分利益に影響しますし節約できる部分はしっかり節約しましょう。

Amazon転売をする際は、自己配送をすることもありますが、その際は特に送料を抑えたいものです。

今回紹介するのは、以下の配送サービスです。

・郵便局
・ヤマト運輸
・イプシロン配送
・エコムー便※FBA納品にオススメ

いずれも、せどり・転売をしていれば利用する機会が多いです。

「どこを利用しても料金は変わらない」と思う人もいますが、利用する業者によって大きく異なります。

また、後述する”運び方.com・送料の虎”等の料金比較サイトを使って業者を選択するのもアリです!

荷物の重さや大きさに合わせて、最適なサービスを提供してくれるので、業者選びで迷っている人は必見です!

郵便局の料金プランを紹介!

まず、紹介したいのが郵便局です。

郵便局には様々な料金プランが存在し、荷物の重さによって変更することができます。

利用することが多い具体的なサービスは、下記が挙げられます。

・クリックポスト
・ゆうメール
・レターパックプラス・ライト
・ゆうパケット

自己配送をする際は、利用することも多いのでそれぞれ意識しておきましょう!

さらに、Amazon以外にもメルカリ・ラクマ等を使う場合は、重宝します!

クリックポスト

こちらのサービスは、2014年より開始された配送サービスです。

小物系のグッズを送る際に役に立つサービスであり、A4サイズ以内の重さ1kgまで対応しています。

こちらのサービスでは、全国一律185円で配送することが可能です。

定形外郵便とは異なり、追跡サービスもあるので安心して商品を送ることができます。

ただ、封筒・吸収剤等は自分で用意する必要があるので注意しましょう。

ゲームソフト・CD等の商品を送る場合は、こちらの配送サービスを利用すると良いでしょう。

ゆうメール

こちらの配送サービスは、送ることができる商品が決まっています。

・書籍(本・雑誌・カタログ)
・CD
・DVD

単体で送る場合は、クリックポストのほうが安いので注意しましょう。

また、商品を送る際は中身が見えるように梱包しなければなりません。

送料は、下記の通りです。

・150グラム以内:180円
・250グラム以内:215円
・500グラム以内:300円
・1キロ以内:350円

こちらは、A4サイズの場合に限ります。

規格外の場合は、下記の料金になります。

・150グラム以内:265円
・250グラム以内:305円
・500グラム以内:400円
・1キロ以内:450円
・2キロ以内:560円
・3キロ以内:710円

幅広く取り扱っていますが、補償や追跡サービスはないので注意しましょう。

レターパックプラス・ライト

レターパックは、メルカリ等で使う機会が多い配送サービスです。

プラス・ライトの二つに分けられるのですが、配送料込みで以下の価格になっています。

・レターパックプラス:510円
・レターパックライト:350円

A4サイズの封筒で、重さは4kgまでと制限があります。

郵便局で配送しても良いですし、ポストにそのまま投函する方法もあります。

封筒のコストがかからない点を考えると、お得な配送方法です。

ゲームソフトや本等と、送ることができる商品は限られますが、使い勝手は良いです。

ゆうパケット

最後に紹介するのが、ゆうパケットです。

購入者の専用ラベルを張ることで、全国一律料金で荷物を送ることができます。

しかし、小包しか送ることができないので注意しましょう。 ※3辺の合計が60㎝いない

重さは、1kgまでと決まっているので小物を送る際は利用する機会も多いです。

料金は、厚さによって異なります。

・1cm以内:250円
・2cm以内:300円
・3cm以内:350円

料金もそこまで高くないので、小物類を送る際に利用することが多いサービスです。

ヤマト運輸のお得な料金プラン!

次に紹介するのは、ヤマト便です。

ヤマト便は、ヤマト運輸が提供している配送サービスであり、自己発送・FBA納品をする際にかなり役に立ちます!

中でも、下記の特徴はヤマト便ならではといえるでしょう。

・160サイズ以上のダンボールを送れる
・高額商品でも配送可能※30万円以上

通常の宅急便では、160センチ以内/25kg以下で送る必要がありますが、ヤマト便はそれ以上でもOKです!

FBA納品をする際は、同じ段ボールに商品をまとめて梱包することも多いので、是非使いたいところ。

気になるヤマト便の料金ですが、総重量+エリアによって異なります。

他の送料とは異なり、少し特殊で”容積換算重量”というものを使います。

横幅30センチ・縦50センチ・高さ40センチの段ボールを送る場合は、下記の計算です。

「0.3×0.5×0.4×280=16.8キロ」
※横幅×立幅×高さ×280

※都内から仙台の倉庫に送った場合

この場合、30キロに収まるので、料金は2,729円です。

採寸に際しては、集荷の際にスタッフが図ってくれるので安心です!

ヤマト便は、段ボールが複数個会っても、1つの伝票で商品を送ることができます。

トータルの重さで算出し、3つ段ボールを送ったとしても1つの荷物として換算されます!

そのため、大量仕入れをする人にとっては、ヤマト便のほうがお得です。

ネットショップを利用するならイプシロン配送!

仮に、あなたがネットショップを運営している場合は、イプシロン配送を使うのも方法の一つです。

こちらは、GMOが運営しておりサイトに登録することで、配送サービスを利用できるようになります!

登録する場合は、運営しているネットショップの情報が必要になるので注意しましょう。

※特定の人しか利用できない配送サービスです

せどり・転売では、Amazon・メルカリ等を使うことが多いですが、アパレル関連やブランド品の転売をする場合は、BASE等でネットショップを持って販売することも少なくありません。

料金システムは、登録料は無料で各配送会社の送料がかかるようなイメージです。

小包であれば、全国一律230円で配送することができます。

2020年現在で選択できる配送業者は、下記の通り。

・日本郵便※ゆうパック・ゆうパケット
・カンガルー便※カンガルーミニ便・カンガルー特急便

料金プランは、利用する業者によって異なります。

ゆうパックの最安値は720円であり、カンガルー便は800円で送ることができます。
※商品の大きさによって異なる

料金プランは、配送地域によって異なります。

こちらは、関東発の料金表です。

県内であれば、170サイズを2,000円で送ることができます。

FBA納品に便利なエコムー便

最後に紹介したいのが、エコムー便です。

こちらは、FBA納品をする際に役に立つ配送サービスであり、格安料金で商品を送ることができます。

エコムー便は、大型の段ボール等を配送する際にオススメですが、FBA納品だけのプランも存在します。

160サイズの段ボールを送る場合、通常は2,000円以上かかります。

郵便局を例にすると、都内から同県に送るだけでも2,010円かかるので、納品する度に送料負担を気にする人も多いでしょう。

しかし、エコムー便の場合は160サイズを最安値1,180円で送ることが可能です!

対応エリアは、住んでいる地域によって異なります。

関東地区で利用する場合、下記のエリアが対象です。

・南東北
・関東
・信越
・東海
・北陸

その他のエリアは、1,680円で送ることが可能です!

フィルメントセンターの場所によって異なりますが、160㎝サイズを2,000円以下で納品できるとなると、かなり料金を節約できますよ!

関東でせどりをしていて、少しでもFBA納品の送料を削減したいと思っている人は、エコムー便を利用するのも方法の一つです!

【結論】利用する販売先によって配送業者は変えたほうが良い!

それぞれ、配送サービスについて解説しましたが、いずれも利用するサービス・販売先によって使い分けたほうが良いです。

例えば、Amazonを販売先として使う場合は、安価にFBA納品ができるヤマト便や、エコムー便を使うと良いでしょう。

また、メディア関連(CD/DVD)等の商品を取り扱う場合は、自己配送を利用すると思うので、郵便局などを利用すると効果的です!

配送業者によって、それぞれ送料が変わるのは事実ですが、Amazon以外で転売を検討している人は、別の配送サービスも検討しましょう。

例えば、メルカリを利用する場合は、ヤマトと提携を結んだ”らくらくメルカリ便”がオススメです!

こちらの配送サービスは、全国一律料金で送れるサービスであり、家電やカメラといった送料がかかる商品を送る際はお得です!

配送保証もついていますし、トラブルがあった際に柔軟に対応することができます。

これら以外にも、販売先に合った配送サービスは多く存在するので、それぞれチェックすると良いでしょう。

配送サービスの料金比較でオススメなサイト2選!

配送サービスを使う際ですが、「実際どこがお得なの?」という人がいると思います。

上記では、送料等を解説しましたが、中には住んでいる地域や重さによって料金が異なります。

そのため、「東京から大阪までは○○円」と断言することはできません。

それでは、あなたが住んでいる地域から、指定場所に発送する料金がわかりませんよね。。

そういう人にオススメなのが、これから紹介する配送サービスの比較サイトです!

具体的には、以下のサービスが挙げられます。

・運び方.com
・送料の虎

いずれも、配送サービスの料金を比較することが可能です。

こちらのツールを使えば、簡単に料金比較ができるので、料金を知りたい人は必見ですよ!

運び方.com

まず、紹介したいのが「運び方.com」というポータルサイトです。

こちらのサイトでは、送る品目・利用する配送サービスを指定することで、各配送サービスの料金を比較してくれる便利なサイトです!

個人・法人でも使うことが可能なので、送料を調べたい人は利用してみると良いでしょう。

具体的な使い方は、下記の通りです。

①調べたい商品を検索する
②料金を比較する
③配送会社を選ぶ

この流れで検索すれば、効率よく商品を見つけることができますよ!

まず、調べたい商品を検索する必要があります。

今回は、宅急便で検索したいと思います。

個人向けのサービスから、”宅急便”というものを選択します。

すると、以下の画面が表示されるので、クリックしましょう。

宅急便の種類を選択して、検索条件を入力します。

「大阪から神奈川のFBA倉庫に160センチ/30キロ」の荷物を送る場合で設定しました。

検索すると、このように複数の配送会社が表示されます。

中には、取り扱いをしていないようなところも出てくるので、使う前にしっかり確認すると良いでしょう。

この場合、最安で送れるのは佐川急便でした!

送料の虎

次に紹介したいのは、「送料の虎」というサイトです。

こちらのサイトは、運び方.comと同様の比較サイトですが、使い方が非常に単純なのでオススメです!

使い方は簡単で、以下の項目を入力します。

宅急便を指定して、発着地を選択しましょう。

すると、複数の配送サービスを比較することができる画面が表示されます。

ここから、あなたが調べたい配送業者にチェックを入れましょう。

160サイズ段ボールで固定しているなら、”簡単入力”というものをクリックすれば、三辺の長さを算出してくれます。

こちらの条件を入力すると、送料を比較した表が表示されます。

今回表示されたのは、ゆうパック・ヤマト便・佐川急便の3つです。

料金については「運び方.com」と変わりませんが、比較できる数は圧倒的に「送料の虎」のほうが多いです!

個人的には、送料の虎のほうが使い勝手が良いので、使用をオススメします!

配送業者と契約したら送料は安くなる?

FBA納品をする際ですが、商品を大量に納品することもあって、定期的に発送を依頼することがあると思います。

その際、”個別でいちいち手続するのが面倒”と思う人もいるでしょう。

そういう人は、配送業者と契約するのもありです。

ちなみに、送料については劇的に安くなるということはなく、状況次第では普通に配送したほうが安いので注意しましょう。

運送会社と直接契約するメリットは、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

・料金が後払い
・ショップの信用度が上がる
・配送料の割引※通常よりも

ただ、運送会社も個人契約をするわけですから、それなりのメリットがないと契約できません。

せどりでも、1か月に十個程度しか納品しない場合は、断られる可能性が高いです。

最低でも、年間200個程度納品するような人で、160サイズの段ボールを定期的に納品できる人に限ります。

ちなみに、料金については配送業者によって異なります。

佐川を例にすると、トータルで送料が半額になることもあるようです。
※地域にもよる

配送業者と契約する方法を解説します!

仮に、配送業者と直接契約したい場合は、以下の流れで契約することができます。

①配送業者に問い合わせる
②送料から契約するか判断する
③見積もりから契約するかどうか判断する
④契約完了

基本的には、このような流れになります。

まずは、利用したい配送業者に連絡する必要がありますが、FBA納品で使うことが多い佐川急便を使うと良いでしょう。

問い合わせる際は、どのくらいの荷物を月間で送るのかということを伝えましょう。

早くて当日には、見積もりを出して家まで出向いてくれます。

見積もりに問題がなければ、そのまま契約という流れになります。

直接契約をした場合は、定期的に集荷に来てくれるので、荷物を渡すようなイメージです。

そして、後日伝票が送られてくるので、そのタイミングで料金を支払います!

直接契約をする際は、デメリットもあります。

・沖縄、離島は送料が高い
・到着日のめどが立たない※配送地域によっては
・集荷以外の荷だし手段がない

いくら納品したくても、集荷が来るまで待たなければならないのはデメリットです。。

スピード感を意識したせどりをしたい人からすると、あまり契約はオススメできません!

まとめ

今回は、せどり・転売で利用することが多い配送サービスについて解説しました。

複数の配送業者がある中で、送料を削減することはかなり重要です。

仮に、あなたがAmazon転売を検討している場合は、FBA納品か自己配送かで選ぶ配送業者が異なります。

今回紹介した配送業者や比較サイトをもとに、あなたに合う業者を見つけてくださいね!

個人的に最もお世話になるのは、佐川急便です!

FBA納品も佐川でしていますし、メルカリ等を利用しない限りは、自己配送もすべて佐川急便に任せています!

この辺は相性だと思うので、比較・利用していく中で選んでいくと良いでしょう!

まずは月給+5万円目指しましょう!

せどりは星の数ほどあるビジネスの中で最も「再現性」が高いビジネスです。

再現性が高いという事は誰がやっても稼げるという事。

あとは「行動する」だけなのです。

結果を出している人は例外なく行動しています。

この無料プレゼントを受け取っていただき、成功までの足掛かりにしてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
イチオク
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチオクブログ , 2020 All Rights Reserved.