年商1億店舗経営者がせどりをはじめたらこうなった

【せどり初心者必見!】FBA納品とは?納品する方法を一から解説します!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
イチオク
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

Amazonせどり(転売)をする際は、大きく分けて二つの納品体系が存在します。

その中でも、本格的にAmazonせどり(転売)をする場合は、FBA納品を使うことが多くなります。

「FBA納品はどういうフローですればいい?」
「FBA納品について知りたい!」
「FBA納品に必要なものは何がある?」

この様な悩みを抱えている人のために、今回はFBA納品について解説していきますね!

自己配送に比べると、納品にかかる手間が少ないことから、個人的にはオススメな納品体系です!

本格的にAmazon転売をしようと思っているなら、迷わずFBA納品を選択しましょう!

そもそもFBA納品とは?:序章

まず、FBA納品について知らない人のために簡単に概要を説明します。

FBA納品とは、Amazonが提供している配送サービスのことであり、”Fillment by Amazon”の略称になります。

人によっては、フィルメントサービスという人も少なくありません。

言葉の意味の通りであり、商品の受注・発送・決済をAmazonが全て請け負ってくれます。

自己配送の場合は、商品が売れたら梱包して配送手続きをしなければなりません。

取り扱っている商材が多い場合は、在庫を確保するスペースも確保する必要があり、何かと手間です。

各地に倉庫が存在しますが、そこに納品するだけで、あとはスタッフが納品手続きをしてくれます。

流れとしては、以下の通りです。

①商品を登録する
②FBA納品する※倉庫に発送
③商品が売れる
④商品がFBAから発送される

つまり、あなたがしなければならないことは、商品を仕入れて倉庫に納品するだけです。

決済の手続きや、個人宛に配送する手間は一切かかりません。

それに、大量に在庫を抱えていたとしても、倉庫に納品するだけなので、家に在庫を抱えることもありません。

そのため、冒頭でせどり・転売を本格的にする場合は、FBA納品したほうがいいといったのはここにあります。

在庫をAmazon倉庫に抱えることで、大量仕入れを可能にしているわけです。

FBA納品をする手順を解説します!

FBA納品についてある程度わかったところで、FBA納品の手順を解説しますね!

ちなみに、FBA納品をする場合は、大口出品に登録する必要があるので注意しましょう。

大口出品に登録したら、FBA納品ができるようになるので、それぞれ手順を紹介しますね!

具体的な手順は、以下の通りです。

①商品を登録する
②FBA在庫を選択する
③数量を入力する
④商品ラベルを張り付ける
⑤納品状況を確認する
⑥商品を発送する

この手順で納品することができるので、手順に沿ってそれぞれ行いましょう。

せどり初心者が納品する上で注意したいのは、商品ラベルを張り付けるという点です。

FBA納品をする際は、Amazonが発行する専用のラベルを張り付けなければなりません。

貼り付けないと、商品が返送されてくるので注意しましょう。

①商品を登録する

まず、大前提として商品を登録しなければなりません。

Amazon転売では、商品を登録しないと、FBA納品だけではなく、自己配送すらできません。

今回は、Amazonアカウントを作成していることを前提で進めていきます。

セラーセントラルを開いたら、「在庫>商品登録」の順番で開きましょう。

すると、商品登録の画面が出てきます。

今回登録する商品は、任天堂Switchです。

感染症の影響から、売れ行きも良いので出品したいと思います。

商品を登録する前に、最低限どのくらいの相場で売れているのかチェックしましょう。

Switchの場合は、最安値で41,580円で販売されていました。

つまり、この価格で売るか、この価格よりも多少値下げをすれば売れる可能性が高いです。

そして、商品登録を進めていきます。

販売価格やコンディションを入力することができる項目ですが、基本的には赤枠で囲んでいる部分のみで問題ありません。

こちらは、商品を登録する上で非常に重要なので、それぞれ意識しましょう。

②FBA在庫を選択する

商品登録が完了したら、次はフィルメントチャンネルの項目でFBAを選択しなければなりません。

こちらにチェックを入れないと、自己配送になってしまうので注意しましょう。

こちらにチェックを入れると、FBA納品ができるようになります。

最後に、保存して終了をクリックすると、商品の登録は完了します。

FBAの商品登録の手続きはこれで完了したので、次は納品の手続きに移る必要があります。

自己配送にならないためにも、しっかりチェックを入れると良いでしょう。

③数量を入力する

先ほどの手順を進めると、以下の画面に移動します。

危険物の取扱がないかのチェックなので、そのまま進めましょう。

電池情報・製品規制がない場合は、そのままスルーすることができます。

危険物に該当するのは、以下の通りです。

・ヘアスプレー
・香水、アロマオイル※エタノール配合商品
・殺虫剤
・酸素ボンベ・工場用漂白剤

この辺は、基本的に納品することがないのでスルーして問題ありません。

情報入力して、次へをクリックしましょう。

そして、数量を入力する画面に移動します。

今回納品するのはSwitch1台なので、1と入力しましょう。

つづけるをクリックして、手続きを進めます。

④商品ラベルを張り付ける

FBA納品の手続きが完了したら、商品ラベルを張り付ける必要があります。

これは、納品用の商品に張り付ける必要があり、納品する際にラベルが発行されます。

こちらのラベルですが、自分で行うのか、Amazonに行ってもらうのか選択可能です。

当然、Amazonに行ってもらったほうが楽ですが、それぞれ条件があり”JANコード”が付与されていることが条件です。

新品商品・未使用、未開封品であれば、バーコードがついてることが多いですが、中古品の箱なし商品の場合は、貼り付けてもらえないので注意しましょう。

今回は、練習のために自分で張り付ける方法を解説します!

ラベルの選択画面で”出品者”を選びましょう。

こちらを選択したら、次は”ラベルの印刷”をクリックします。

ラベルの印刷をクリックすると、該当する商品のラベルが表示されます。

こちらをシール系の紙で印刷して、商品に張り付けましょう。

ラベルシールを張り付けて送らないと、返送の対象になるので要注意です!

基本的には、どのように印刷しても構いませんが、バーコードがある場合は、そこに上張りして問題ないですよ!

⑤納品状況を確認する

ラベルの貼り付けが完了したら、次は納品をしなければなりません。

ラベルを作成して貼り付けたら、”続ける”をクリックしましょう。

その後は、手順に沿って進めていくだけです。

”納品を作成する”というボタンが表示されるので、そちらをクリックしましょう。

勧めていくと、商品の全体的な情報が表示されます

納品プランに問題がなく、発送することができるなら、納品プランの作成を完了させて、配送手続きへと移りましょう。

⑥商品を発送する

納品プランが完了したら、ラベリングした商品をAmazonに納品しなければなりません。

この場合、納品に使う段ボールはなんでも問題ありません。

この様にボコボコな段ボールでも、梱包材・衝撃吸収材が入っていれば問題ないです。

自己配送とは違って、段ボールは一度Amazonの倉庫に送られます。

そして、Amazonの倉庫に保管されて、売れたらAmazonの綺麗な段ボールで納品されるようなイメージです!

段ボールは、スーパー等で簡単に手に入るので、それぞれ無料でゲットすると良いでしょう。

また、FBA納品をする場合は、同じ段ボールに複数の商品を入れても問題ありません。

今回は、Switch一台しか納品しませんが、ゲームソフトやスマホ関連機器等を入れても良いです。
※利益になる商品を仕入れてから

無理に入れる必要はありませんが、まとめて納品したほうが送料がかからないのでオススメですよ!

後述する、160サイズの段ボールであれば、相当な数を入れられます。

本格的に納品する場合は、商品をまとめて納品すると良いでしょう。

FBA納品に必要な道具を紹介します!

FBA納品をする際ですが、それぞれ必要なものが存在します。

あれば便利なものから、用意必須なものまでさまざまです。

具体的には、以下の通りです。

・梱包用具
・ラベル用シール
・メジャー

この3つは、FBA納品を検討しているなら、用意しておきたい項目です。

特に、梱包用具とラベル用シールに関しては使用頻度が多いので、必ず用意しておきましょう!

梱包用具※段ボール・ガムテープ等

まず、FBA納品をする際に必要なのが、段ボール・ガムテープ等の梱包用具です。

丁寧な梱包は、Amazonがしてくれるとしても、Amazonの倉庫に納品するまでの段ボールが必要です。

段ボールは購入するのも良いですが、必要経費を抑えたい場合は、スーパーから仕入れるのも良いでしょう。

大型スーパーであれば、160サイズの段ボールもありますし、梱包に便利なものがそろっています。

ある程度、段ボールをストックしておくと、納品する際に便利です!

次に、ガムテープです。

こちらは、梱包後に段ボールを閉める際に必要になってきます。

この際、紙製のものと布製のものがあります。

布製のもののほうが耐久性があるので、配送時のトラブルを避けるためにも、後者を用意しましょう!

その他梱包に必要なものをリストアップすると、以下が挙げられます。

・ハサミ
・衝撃吸収材

商品を段ボールの隙間なく詰めるのも良いですが、衝撃吸収材はあったほうが便利です。

100均にエアパッキン(プチプチ)が安売りされているので、梱包する際は必須ですよ!

ラベル用シール

FBA納品をする際ですが、ラベルを張り付けなければなりません。

10個納品する場合は、10個貼り付ける必要があるので、その分用意しましょう。

ラベルシールは、文房具ショップ等に販売されていますが、ネットでも購入可能です。

そこまで高くありませんし、FBA対応のラベルも販売されているほどです。

Amazonにラベル張りを依頼することもできますが、JANコードがあるものに限ります。

また、コピー用紙等にラベルを張り付けてセロテープ等で張り付けることもありますが、これは返送される可能性があるのでやめましょう。

ラベルシールも、そこまで高くありませんし、経費計上することができるので気にする必要はありません。

大量に商品をFBA納品する場合は、事前に多く用意しておくと良いでしょう。

メジャー

最後に、メジャーですがこちらは必須の機材ではありません。

”あれば助かる”というイメージで良いでしょう。

メジャーは、配送する際のダンボールのサイズを測る際に使います。

既定の段ボールを購入している場合は問題ありませんが、スーパーのもので代用している場合サイズがわかりません。

その際に、送料を算出しようと思っても、見積もりを立てることができません。

その際に、このようなメジャーがあれば助かります。

服の採寸等で使うような伸縮性があるメジャーは、使い勝手が良いのでオススメ!

ただ、集荷依頼をしてもらった際に、その場で図ってもらうので、事前に見積もりを立てない場合は必要ありません。

最近では、100均で購入することができるため、念のために用意しておくと良いでしょう。

FBA納品に適切な頻度はどのくらい?

FBA納品をすれば、在庫を自宅に抱えることなく商品を転売できます。

商品によって保管料がかかりますが、早い段階でさばけるような回転率が良いものであれば、そこまで気になりません。

何かと便利なFBA納品ですが、”どのくらいの頻度で納品すればいいの?”と思う人も多いでしょう。

結論から言うと、頻度はありません。

しいて言うなら、あなたの仕入れ具合によって異なります。

例えば、私が「1週間に1回は納品しましょう!」といったところで、その週の仕入れ個数が1個しかなかった場合は、1個の商品だけのために送料がかかります。

そのため、FBA納品をする際は頻度は関係ありません。

・一度の仕入れで商品を大量仕入れした場合
・1週間に一度段ボールにたまった具合を見て納品する
・10日以内には一度納品したほうが良い

私からできるアドバイスはこのくらいですね!

FBA納品するなら、大量に仕入れをした場合に限ります。

一度に50個程度仕入れた場合は、当然その日にFBA納品をしたほうが良いです。

しかし、3日かけて50個を納品した場合は、段ボールに貯まった時点で納品すると良いでしょう。

ただ、回転率を重視する場合は、10日以内には1回納品する日を設けましょう。

”ダンボールが貯まってから納品する”となると、納品していない間は一切商品がない状態になりますかららね。。

重要なのは、適切な頻度で納品することです。

FBA納品の勉強は出品大学を見ると便利!

Amazonでは、セラーセントラルに登録した人に限って、”Amazon出品大学”というものを閲覧することができます。

ここでは、Amazonで出品する人向けの勉強をすることができます。

勉強できる内容は、様々であり、FBA納品についても学ぶことができます。

・動画での勉強
・PDFでの勉強

Amazonでビジネスを拡大していきたいと思っている人には、最適な活用方法といえるでしょう。

特に、Amazon転売をこれから始めようと思っている人は、利用して損はありません。

この様に、複数の教材が存在し、これを無料ですべて閲覧することができるのはお得すぎます。

FBA納品の教材では、登録から納品まですべての知識を学ぶことができますよ!

FBA納品で気を付けたい3つのこと!

FBA納品をする際ですが、気を付けなければならないことがいくつか存在します。

仮に、あなたがFBA納品をしようと思っているなら、これから紹介する注意点をそれぞれ意識しましょう!

これから紹介する内容を気を付ければ、FBA納品をする際も安全ですよ!

具体的には、以下が挙げられます。

・ラベルシールの貼り忘れチェック
・配達用段ボールの調達
・送料が安い配送会社を選ぶ

いずれも、FBA納品をする際は意識したいことです。

特に、ラベルシールの貼り忘れチェックには注意しましょう。

最悪、Amazonのスタッフが張り付けてくれますが、依頼をしない限りは返送されてしまいます。

一つだけならまだしも、大量に返品されてくると、その分在庫で溢れるので注意したいところです。

ラベルシールの貼り忘れチェック

まず、注意したいのがラベルの貼り忘れです。

FBA納品をする場合は、ラベルを張り付けなければなりません。

自己配送をしていた人からすると、ラベルを張るという習慣がない人も多いです。

また、初めてFBA納品をする場合は、ラベルを貼り忘れる人も多いです。

そのため、FBA納品をする際は、ラベルを張り付けることを習慣化することが重要です。

私も、納品する際は即印刷して商品に貼るようにしています。

特に、大量に納品する場合は、最後に箱詰めする際にラベルが貼り付けてあるかどうか確認します。

それで問題なければ、そのまま納品するという形です。

この辺は、FBA納品をする際の流れになってくるので、しっかり意識したいところです。

特に、初めてFBA納品をする場合は、要注意です。

配達用段ボールの調達

次に、配達用の段ボールを用意することです。

FBA納品をする際ですが、配達用の段ボールが必要となります。

FBAから購入者のもとに運ばれる場合は、専用の段ボールが用意されますが、FBA納品までは自分で用意しなければなりません。

こちらの段ボールは、基本的に梱包できればなんでも問題ありませんし、スーパーのもので代用できます。

しかし、大量に商品を送る場合は、購入するのもありです。

ホームセンターやネットでは、160サイズの段ボールが販売しています。

こちらの段ボールは、配達用の段ボールの中では元も大きいので、大量に商品を入れることが可能です。

さらに、段ボールの個数・重さによって配送料金が異なる場合もありますし、しっかり押さえておきたいところ。

送料は、FBA納品をする際に大きな障壁になることがあるので注意しましょう!

送料が安い配送会社を選ぶ

FBA納品をする際ですが、送料はこちら側で負担しなければなりません。

この倉庫への送料というのが、結構痛手になることがあり、できる限りコストを抑えておきたいところです。

特に、大型の段ボールを送る場合は、2,000円以上の送料がかかります。

何個も納品する場合は、節約できる配送サービスを使ったほうが良いです。

仮に、あなたが関東に住んでいるならエコムー便という配送サービスがオススメ!

こちらの配送サービスは、関東地区から以下の地域へ配送する場合は、送料が一律1,180円です。

・南東北
・関東
・甲信越
・東海
・北陸

つまり、九州や関西等に配送しない限りは、送料を1,180円で抑えることができるのです。

段ボールのサイズは160サイズであり、破格な値段だということがわかります。
※日本郵政の場合は2,200円

その他の地域でも、1,680円で配送することができるので、安い送料で送ることが可能です。

この様に送料を節約することが、FBA納品をお得にするコツといえるでしょう。

AmazonにFBA納品ができないものリストを紹介します!

Amazonでは、全部の商品がFBA納品できるわけではありません。

これから紹介する商品に関しては、FBA納品ができないので注意しましょう。

・動植物
・危険物
・冷凍食品
・貴金属などの貴重品
・医療機器、医薬品

いずれも、Amazonの公式ページで禁止されているので、納品しないことが重要です!

この中で、特に気を付けたいのが、医薬品です。

さすがに納品する人はいないと思いますが、サプリメントで”医薬部外品”に該当しないものは、出品ができません。

納品したとしても、返品される可能性が高いので注意しましょう。

動植物

まず、動植物です。

こちらは、Amazonの規定にもある通り納品することができません。

そもそも、Amazonでは動植物を取り扱っておらず、生体販売そのものが禁止されています。

・生きている動物
・死んでいる動物※食肉は除く
・植物の種子

これらのいずれも、FBA納品はできません。

ヤフオクであれば、爬虫類・魚類までなら生体販売が許可されています。

しかし、生体販売をする場合は、専用の免許が必要なので注意しましょう。

FBA納品は、倉庫に一時的に保管することになりますし、動植物が納品できたら大ごとになります…笑

ヤフオクで生体販売をしている感覚で、Amazonでもできると思うと大違いなので注意しましょう!

危険物※リチウム電池合有商品

次に、危険物が挙げられます。

Amazonでは、危険物に分類される商品は、全般納品することができません。

具体的には、以下の通りです。

・化学物質
・爆発物※花火、火薬など
・可燃物
・有害物質※シンナー・ベンジン等

これらは、Amazonの販売自体が禁止されている商品です。

取り扱ったところで、返品されるだけなので注意しましょう。

仮に、販売した場合は、アカウントが停止する可能性もあります。

最近で言うと、エタノール類が問題視されています。

アルコールの度数によりますが、気化・発火する可能性があるものについては納品することができません。

さらに、リチウム電池が合有している商品についても、納品する際は証明書の提出が必要です。

※この辺の基準はあいまいです

冷凍食品

次に、冷凍食品です。

通常の食品については、Amazon納品することができますが、冷凍食品は不可能です。

というのも、Amazonの倉庫には冷凍室を完備していないからです。

アイスなども納品することができないので、転売したい場合は自己配送しかありません。

実際、冷凍食品はAmazonで取り扱うがあるジャンルですが、そのほとんどはメーカーが直接販売しているパターンになります。

つまり、購入したらメーカーから直接送られてくるようなイメージになります。

ただ、冷凍食品がダメなだけで、通常の食品については納品することができるので安心しましょう!

季節によっては納品できないものもありますが、温度変化に強いクッキー等は問題ありません。

補足:季節よって納品できないものもある

FBA納品をする際ですが、季節によって納品できないものがあります。

基本的には夏場ですが、以下の商品は納品することができません。

・チョコレート
・シロップ類
・生菓子

いずれも、温度・湿度に弱い商品であり、状態が悪くなりやすいものです。

例えば、こちらの商品。

メープルシロップであり、賞味期限は結構長めです。

以前、輸入ショップで安く仕入れることができたので、10個程度仕入れてFBA納品をしたら、2週間後に返品。

どうやら、倉庫内の温度が保存に適していないとのことであり、返品されてしまったようです…笑

次回販売できるのは、秋以降なるとのことで、結構待たなければなりません。

仮に、賞味期限が近い商品で、このような状態になっては不良在庫になります。

そうならないためにも、仕入れる時期・季節を見極めてから商品を選ぶことが重要です

貴金属等の貴重品

貴金属等の貴重品も、FBA納品をすることはできません。

該当する商品は、以下の通りです。

・金、銀、プラチナ等のインゴッド
・金貨、銀貨、記念コイン
・古銭、古札
・宝石類

これらは、FBA納品をすることができませんし、そもそも販売ができないものも多いです。

できたとしても、自己配送でしか対応することができないので注意しましょう。

そもそも、貴重品をFBA納品するのは少し危機感がなさすぎますね…笑

宝石類等の小さいものに関しては、盗まれる可能性もありますし、それを危惧して禁止していることがわかります。

また、金券類・チケットに関しても納品することができないので注意しましょう!

ヤフオクでは販売できるものが、Amazonでは販売できないケースが多いです。

医療機器・医薬品

最後に、医療機器が挙げられます。

ここで言う医療機器とは、管理者の設置を必要とするものであり、病院等に販売されているものが該当します。

しかし、家庭用医療機器については、FBA商品として納品できるので安心しましょう。

いくつか具体例を挙げると、以下が挙げられます。

・低周波治療器
・家庭用エア史厚樹
・家庭用電気マッサージ器
・家庭向け鍼用器具

これらは、納品することができるので安心しましょう。

また、医薬品は全般禁止されています。

サプリメントに関しては、医薬部外品であれば納品することができますが、それ以外は納品できません。

サプリメント転売をする場合は、医薬部外品かどうかチェックしてから仕入れると良いでしょう!

まとめ

FBA納品について解説しましたが、Amazon転売を行う上で重要です。

私も、Amazon転売をしていますが、大半の納品がFBAを使っています。

月額5,000円程度かかりますが、梱包・配送手続きをしなくていいのはかなり楽です。

購入者のアフターケアも行ってくれますし、面倒な手間も一切ありません。

しかし、FBA納品をする際は、納品できないものもあるので注意しましょう。

今回紹介したものは、基本的に納品することはないと思いますが、食料品等は規約が面倒なので、納品する際はしっかり読んでおくことが重要です!

Amazon転売を効率化して、継続的に利益を出していくためには、FBA納品が必須です。

今回紹介した内容を、しっかり把握して実践するようにしましょう!

まずは月給+5万円目指しましょう!

せどりは星の数ほどあるビジネスの中で最も「再現性」が高いビジネスです。

再現性が高いという事は誰がやっても稼げるという事。

あとは「行動する」だけなのです。

結果を出している人は例外なく行動しています。

この無料プレゼントを受け取っていただき、成功までの足掛かりにしてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
イチオク
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチオクブログ , 2020 All Rights Reserved.