年商1億店舗経営者がせどりをはじめたらこうなった

Amazonセラーで出品制限・出品規制がかかっている商品を調べる方法と対策を紹介します!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

Amazonでせどり(転売)を考えている人は、出品制限・出品規制がある商品があることを事前に把握しておきましょう。

商品を仕入れてから、出品制限がかかっていることを知った場合、不良在庫になってしまうことがあります。

※別の販路でせどり(転売)できるなら別

今回は、Amazonせどり(転売)で出品制限・出品規制になる商品を、解説していきたいと思います。

確認する方法や、出品制限を解除する方法も解説していくので、気になる人は必見です!

Amazonの出品制限・出品規制とは?

まず、Amazonの出品制限・出品規制について知らない人のために、どういう状況なのか解説していきたいと思います。

Amazonは、セラーアカウントを作成すれば基本的に誰でもせどり・転売をすることができます。

しかし、一部の商品は独占販売を禁止するために、Amazon側が出品制限・出品規制をしています。

・ブランドイメージを守るため

・市場価値低下を下げるため

これらの理由で制限されているのですが、仮に商品を出品する場合、ブランド・メーカーや卸売り業者の請求書を提出する必要があります。

提出して、許可を得た人だけが販売できるような仕組みになっているのです。

商品を出品すること自体が規制されているわけではなく、売り方・仕入れ方に規制がかかっています。

簡単に説明すると、”販売はいいけど、変な仕入れルートの商品は売らないでほしい”というイメージです。

例えば、メーカーがAmazonで1,000円で販売しているものを、300円で仕入れてきて800円で販売した場合。

顧客は800円のほうを購入し、メーカーが販売している商品の売れ行きが落ちてしまいます。

仕入れ先を確保すれば市場を独占することができるのですが、メーカーにとって利益にならないので制限をかけるわけです。

2020年最新!出品制限されている商品を紹介します!

2020年現在、出品制限・出品規制されている商品が存在し大半の商品が該当しています。

しかし、同じメーカーでも商品によって規制されていないこともあるので、しっかり調べてから出品すると良いでしょう。

今回紹介するのは、せどりの中でも結構取り扱うことが多いジャンルで、利益率・回転率が高いカテゴリーのものです。

・家電全般

・ホビー用品

・アパレル用品

・ヘルビ用品

特にヘルビ用品については薬機法の関連から、規制解除の条件が面倒なので注意しましょう。

利益になる商品ですが、状況次第では逮捕される可能性もあります。

家電全般

まず家電ですが、せどりでは結構取り扱うことが多いジャンルです。

仕入れることが多く、有名なメーカーだと下記が挙げられます。

・パナソニック

・Apple

・Canon

・NIKON

・SanDisk

Amazonでも売れ行きが多いジャンルで、人気ランキング等によくランクインしています。

ちなみに、SanDiskのメモリーカードは回転率も高く利益になる商品ですが、モノによっては出品制限・出品規制がかかります。

ランキングで上位にあった、こちらの商品。

出品制限が適用されています。

回転率が高いからといって仕入れると、不良在庫になる可能性があるので注意しましょう。

その他にも、”デジタルカメラ・ヘッドホン”等が対象になるので、仕入れる際は一度確認することが重要です。

ホビー用品

ホビー用品は、クリスマス・年末商戦で仕入れることが多いジャンルです。

トイザらスやまんだらけ等で仕入れますが、出品制限がかかっているものも多く存在します。

具体的なメーカー・ブランドは、下記の通りです。

・バンダイ

・セガトイズ

・タカラトミー

・スタジオジブリ

・たまごっちシリーズ

これら以外にも、”ディズニー系・アンパンマン系”も出品制限になりやすいです。

バンダイから販売されている、レゴブロックも対象です。

積み木全般が対象になっているので、レゴに関連するようなおもちゃは基本的にNG。

販売するためには請求書等を提出する必要があります。

さらに、同じブランドの下記の商品。

一世を風靡した妖怪ウォッチのおもちゃですが、こちらは出品許可が必要です。

おもちゃに規制がかかっているのではなく、メーカー・ブランドの規制がある商品になります。

アパレル用品

アパレル用品は、基本的に商品全般が取り扱えないという認識で良いです。

出品制限・出品規制がかかっている商品の中では、最も規制解除が厳しいジャンルともいわれています。

主要ブランドは基本的に出品制限・出品規制がかかており、下記が対象です。

・GUCCI

・COACH

・バーバリー

・Adidas

・ナイキ

ラグジュアリーブランドから、スポーツブランドまでが対象です。

特にラグジュアリーブランドを出品する場合、新品商品に限ります。

新品のブランド品を販売するには、正規代理店である必要があるので、個人では取り扱うことができません。

出品しているメーカーを見ればわかりますが、大半がブランドショップです。

中には個人で出品している人もいますが、規制がかかるのも時間の問題です。

ヘルビ用品

最後にヘルビ用品です。

ヘルビ用品とは、”ヘルス&ビューティー”の略称であり、ドラッグストア等で販売されている化粧品・日用品などが対象です。

男性はあまり馴染みがありませんが、聞いたことがあるメーカーも多いと思います。

具体的には下記のブランド・メーカーが対象です。

・MDNA SKIN

・giovanni

・ecostore

化粧水・美容液を取り扱う場合は、高確率で出品制限・出品規制がかかるので注意しましょう。

こちらは、新品商品なら許可なく販売することができますが、中古・再生品などでは出品できないという制限がかかっています。

しかし、それだから出品していいというわけではなく、薬機法の観点からも考える必要があります。

化粧水・美容液には、医薬品成分が配合しているものがあり、医薬品として認められているものは専用の資格がないと出品できません。

※薬剤師・薬局などが持っている免許です

そのまま出品してしまうと、薬機法違反に抵触し逮捕されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

どういう商品が出品制限・規制がかかるの?

出品制限・出品規制がかかっているメーカー・ブランドをカテゴリー別で紹介したところで、どういう商品がかかるのか解説していきたいと思います。

これを把握しておけば仕入れる商品の幅が広がり、効率よくAmazon転売ができますよ!

ブランド品は、商品のほとんどが出品制限・出品規制がかかっているのですが、下記の理由が挙げられます。

・ブランド価値を低下させる可能性がある

・市場価格の下落

・ブランドイメージが悪くなる

例えば、下記の商品。

国内のGUCCIでは、在庫がなくなり取り扱われていない商品です。

商品価格は26,800円ですが、店頭販売価格も同様でした。

仮に、新品商品を格安で仕入れて1万円で出品するとします。

すると、”GUCCIの指輪が1万円で買える”という認識が、ユーザーに広まってしまいます。

ラグジュアリーブランドとして有名なのに、安価で手に入ったらブランド価値が低下してしまうのです。

この様な事態を避けるために、ブランド・メーカーが出品制限・出品規制を行うのです。

実際、出品する場合は出品許可が必要で、中古品は販売することができません。

ちなみに、出品許可を解除する場合は下記をしなければなりません。

メーカー・卸売り業者が販売した請求書か、販売を許可するGUCCIの書類が必要です。

用意できたとしても、正規ルートではない場合(メルカリ・ヤフオク等)は、出品できないので注意しましょう。

Amazonで出品制限・出品規制を確認する方法を具体的に解説します!

Amazon転売を始める際に、出品制限・出品規制がかかている商品を仕入れると不良在庫として抱えることになります。

それを避けるためにも、事前に把握して商品を仕入れることが重要です。

事前に確認するためには、Amazonのセラーアカウントに登録する必要があるので、登録した人だけ確認してください。

モノレートから確認する方法がありますが、それ以上に簡単に調べる方法があります。

それは、

https://sellercentral.amazon.co.jp/productsearch?q=指定のASINコード&ref_=xx_prodsrch_cont_prodsrch

上記URLの”指定のASINコード”ところに、商品のASINを入力するだけで調べられます。

実際の入力方法

今回、出品制限が多いバンダイの商品を例に挙げていきたいと思います。

こちらの商品ですが、ASINコードを調べると、B07WCT6YZ3でした。

商品の”登録情報”という場所に記載されていますが、パソコンで”Ctrl+F”を押すと検索窓が出てくるので、そちらに「ASIN」と入力すると、一発で見つかりますよ!

こちらのASINコードを、先ほど紹介したURLに入力します。

リンクは、下記のようなイメージです。

https://sellercentral.amazon.co.jp/productsearchq=B07WCT6YZ3&ref_=xx_prodsrch_cont_prodsrch

こちらを検索窓に張り付けて、エンターを押すと出品画面に移動します。

すると、下記の画面が出てきます。

赤枠で囲んでいる箇所に、”出品制限が適用されています”と表示されている場合は、出品に許可が必要です。
この場合、請求書等を提出して審査をクリアする必要があります。 ※詳しくは後述

商品を仕入れる前に、確認しておくと効率的ですよ!

補足:モノレートで確認する方法

Amazonで、商品相場を調べる時にモノレートを使っている人もいると思います。

実は、モノレートでも出品制限がかかっているかどうかを調べることが可能です。
※Amazonセラーアカウントを持っている人限定

具体的な手順は、下記の通りです。

1.出品制限・出品規制か調べたい商品を調べる

2.検索画面から商品を見つける

3.表示ページの”出品制限”ボタンをクリック

4.出品制限・出品規制の状況を確認する

モノレートを開いて、調べたい商品のキーワードを検索窓に入力します。

こちらを入力すると、該当する商品が出てくるので、ページに移動します。

類似商品が表示されないように、ASIN等があると便利です。

商品ページをクリックしたら、ページ内に出品制限というボタンがあります。

そちらをクリックすると、先ほど紹介したページに飛ぶようになっています。

事前にAmazonのセラーアカウントにログインしている必要がありますが、ログインしていれば直でこのページに移動できます。

前述した、URLを張り付ける方法でもよいですが、モノレートで相場を調べているならページからそのまま移動したほうが早いですよ!

Amazonで出品制限・出品制限を解除する3つの方法を解説します!

Amazonでは大半の商品が出品制限・出品規制されている印象です。

中には許可なく出品することができるものもありますが、それは稀です。

仮に、利益になりそうな商品が出品制限・出品規制されている場合、下記の対処法があります。

①Amazon正規の解除

②販売実績で解除

③他の方法で代用する

この3つがあるので、それぞれ解説していきたいと思います。

①Amazon正規の解除方法

まず、Amazonが推奨する規制・制限解除の方法を紹介します。

出品制限・出品規制がかかっている商品ですが、ブランド・メーカーが発行する請求書・納品書を提出しなければなりません。

先ほど紹介した、バンダイの商品を例に説明していきます。

商品登録を行うと、”出品許可申請”というボタンが表示されます。
※赤枠参照

こちらのボタンをクリックすると、下記の画面に移動します。

内容に問題がなければ、”出品許可を申請する”をクリックしましょう。

すると、下記の画面が表示されるはずです。

この様にメーカー・卸売り業者が発行した請求書か、販売を許可したメーカーの書類が必要です。

簡単にまとめると、下記の通りです。

・購入時の請求書を用意する

・ブランド、メーカーから直接販売許可を受ける

すでにせどりをしている人は、この難易度の高さがわかると思います笑

新品せどりをする際は、安く仕入れる店舗を見つけて仕入れることになります。

請求書をゲットすることができても、卸業者からもらったわけではないので解除申請をしても通らないことが多いです。

さらに、卸業者は原則として法人と取引をすることが多く個人は相手にされません。
※つまり請求書を取るのが難しいということです

当然、個人のせどらーがメーカーから販売許可をもらうのは難しいです。

正規の方法では、出品制限・出品規制の解除は難しそうです。

②販売実績で解除する方法

Amazonである程度販売実績があるアカウントは、出品許可申請を簡単に解除することができる可能性があります。

例えば、先ほど紹介したバンダイのホビー品。

出品許可をするためだけにアカウントを新しく作り直したので、運用歴はゼロに近いです。

現状、正規のルートでしか解除する方法がありません。

しかしAmazonで半年以上取引を行い、販売実績があるアカウントは出品制限・出品規制を解除することができる場合もあります。

こちら同じ商品ですが、私が所持しているAmazonのメインアカウントで申請してみました。

すると、見事に審査が完了しました笑

この仕組みは明確になっておらず、せどらーの間では”解除祭り”と呼ばれています。

システム的なものなのか単に解除しやすい時期なのかは不明ですが、実績が高ければ高いほど解除されやすいのは事実のようです。

例えば、メーカー・卸売業者との取引ができず、請求書が手に入りにくい場合は、実績を積んでから許可申請をしてみると良いでしょう。

新品商品はダメでも中古なら取り扱えるという商材も多いので、その辺を調べてから仕入れていくと効率よくAmazonせどりができると思います!

補足:基準に明確なものは存在しない

販売実績による規制解除ですが、解除に明確な基準は存在しません。

今回の件で複数のアカウントを使って調べましたが、取得から半年以上が経過して、ある程度実績があるものは大体通りました。

しかし、商品によっては申請が通らないものもありました。。

・ヘルビ用品

・家電用品

この二つは、アカウントによってバラツキがありました。

Aのアカウントではワンクリック許可ができても、Bのアカウントではできないようなイメージです。

この基準は、Amazonにしかわからないところなので、判断もすべてAmazon次第になります。

そのため、”販売実績があるから”だけの理由で、出品制限・出品規制が解除できるわけではないので、注意しましょう。

③他の方法で代用する

Amazonが正規で求める解除方法と、販売実績を積んで規制を解除する方法で審査が下りない場合はAmazonで転売することは諦めましょう。

基本的に新品商品で規制がかかることが多く、新品せどりをしている人は販路が一つ減るというイメージです。

それでもAmazonで転売したい人は、出品制限・出品規制ではない商品を仕入れて転売するしかありません。※新品せどりの場合は

しかし、すでに商品を仕入れた場合は、別の販路を利用する必要があります。

・ヤフオク

・メルカリ

・ラクマ

この辺がAmazon以外の販路として挙げられます。

Amazonと比べると個人間でやり取りしなければならないですし、代行サービスを使えるわけではないので、梱包から発送まで全て自分でしなければなりません。

さらに、出品する際の諸手数料がかかります。

メルカリを例に挙げると、売上金×10%+送料(任意)が発生します。

10,000円の商品を出品して売れた場合は、出品手数料1,000円と送料が発生します。

送料に関しては、らくらくメルカリ便を使えば、一律の料金で送ることが可能です。

だとしても、Amazon以上に手数料がかかることもあるので割高です。

その辺も意識しながら、販売する場所を選んだほうがいいかもしれませんね。

Amazonで出品後に出品制限・出品規制がかかる可能性もある

Amazonせどりをしている人は、仕入れる商品が出品制限・出品規制にかかっているのかどうか、調べる必要があります。

事前に確認する方法として、前述した”URLチェック法””モノレートで確認する方法”が挙げられます。

その他にも「仕入れた後に規制がかかるパターン」もあります。

これは僕も何度か経験したことがあるのですが、最近では「リチウム電池商品」の出品規制です。

2020年1月にAmazonの規定が改定して、リチウム電池が入っている商品を取り扱う場合はテスト概要を示した書類が必要になるというもの。

・スマホ本体全般

・デジタルカメラ

・ゲーム機

これらが対象であり、ホビー品にもリチウム電池が使われていることがあります。

Amazonの規約が改定して行われた出品制限・出品規制の流れですが、現状では何も起きていません。

Amazonでは出品制限・出品規制の商品をそのまま出品し続けると、出品が停止されます。

仮に規約を守らずに出品し続けると、Amazonのアカウントが停止する可能性もあるので注意しましょう。

Amazonで出品制限・出品規制で損しないための3つの対策

Amazonで出品制限・出品規制がかかっている商品を仕入れると、販売が難しくなります。

特にこれからAmazonせどりを始めようと思っている人は、規制がかかっていない商品を仕入れるのが無難です。

効率よくAmazonせどりを行い損しないようにするためには、下記の対策を行いましょう。

①事前に規制がかかっているかどうか調べる

②有名メーカーを仕入れる時はリサーチ必須

③カテゴリーにもかかっている可能性がある

これらを把握していれば販路が限られることもありませんし、安心してAmazonをせどりに使うことができます。

特に、出品制限・出品規制がかかっているかどうかを事前に調べることは、必要最低限しなければなりません。

仕入れて不良在庫を抱えてからでは遅いので、しっかりリサーチするようにしましょう。

①事前に規制がかかっているかどうか調べる

まず大前提として、仕入れる商品が出品制限・出品規制の対象なのか調べてから仕入れましょう。

前述した方法で調べれば、簡単に把握することができます。

しかし出品制限・出品規制には種類があり、同じ商品でも状況によっては転売できるものもあります。

・新品、中古いずれも申請が必要なもの

・メーカー規制がなく申請が必要ないもの

・中古のみ出品が可能なもの

・新品のみ出品が可能なもの

申請許可が必要な商品ですが、状況次第では必要ない場合があります。

先ほど紹介した、こちらの化粧品。

中古は出品規制がかかり販売することができませんが、新品商品は申請許可なく出品できます。

他にも、下記のジャンルが該当します。

・ブランド品

・食料品

・日用品

・ペット用品

一部の家電やホビー品も対象になることがあるので、事前に調べてから仕入れると良いでしょう。

本当は許可なく仕入れられるのに、”請求書が必要だから無理”という理由で諦めるのは勿体ないです。

新品は無理でも、中古なら許可なしで販売できる可能性がありますよ!

そういう商品を積極的に仕入れて販売実績を積んでいけば、ワンクリック承認ができる可能性もあります。

最初の内は規制・制限がかかているものは仕入れないのが無難です。

②有名メーカーを仕入れる時はリサーチ必須

あなたが仕入れようとしている商品が、名の通っている有名メーカーの場合。

必ず出品制限・出品規制がかかっているかどうか調べるようにしましょう。

冒頭でも紹介した通り、基本的にブランディングが強い商品は、出品制限・出品規制の対象です。

・パナソニック

・SONY

・バンダイ

・タカラトミー

等、これらのメーカーは高確率で出品制限・出品規制がかかっています。

しかし一度規制を解除してしまえば、問題ありません。

現実的に解除する方法は請求書を手に入れることですが、難易度は高め。

個人のせどらーが有名メーカーから請求書をもらうことはできないからです。

最ももらえる可能性が高い方法は、卸問屋から発行してもらうという方法です。

要は、”卸業者から請求書をもらう”というわけです。

「そんなに簡単もらえないんじゃないの?」

と思われがちですが、手順を踏めばもらうことができます。

しかし、Amazonの規制が変わってきて、卸業者の請求書で申請する場合、下記がルールがあります。

①ネットショップを展開していない卸問屋

②解除申請時に問屋に連絡がいく

前者は従来よりありましたが、後者は2019年以降に定められました。

結論から言うと卸問屋の担当者と関係性を作り、継続的に仕入れるような関係なら許可が通りやすいといいうことです。

さらに、請求書の詳しい条件として”10点以上購入したもの”というものもあります。

審査が通らなかった場合、不良在庫を抱え別の販路で転売しなければなりませんが、試す価値は十分にあるので、仲良くしている卸業者がいるなら実践してみると良いでしょう。

③カテゴリーにもかかっている可能性がある

出品制限・出品規制がかかっている商品の中には、カテゴリーそのものにかかっているものがあります。

商品個別で設定されているものと違って、一度申請が通ればあとは審査なしで出品可能です。

せどりに使うことがある、カテゴリーは下記の通りです。

・コスメ

・服&ファッション小物

・ヘルビ

・ペット用品

その他、”ジュエリー、時計、シューズ&バッグ”等が挙げられますが、一般的に難易度が高いのでオススメできません。

これらのカテゴリーを解除するためには、共通して下記の条件を満たしている必要があります。

・大口出品者であること

・特定商取引法の記載があること

・請求書の提出

Amazonには、小口出品者と大口出品者というものがあります。

月額登録4,900円がかかる代わりに、出品数・カテゴリーが無制限に利用できます。

オリジナル商品でも、Amazonですでに販売されている場合は、取り扱うことが可能です。

こちらに切り替えた後に、特定商取引法に基づく記載をしなければなりません。

難しいように聞こえますが、店舗情報・事務所の情報を記載するだけなので簡単です。

設定手順は、下記の通りです。

1.セラーアカウントの設定をクリック

2.出品者プロフィールをクリック

3.必要事項を入力する

この手順で、簡単に設定することができます。

まずセラーアカウントを開いて、右上の設定をクリックしましょう。

ここでは、Amazon転売の様々な設定をすることができます。

すると出品者プロフィールというものが出てくるのでクリックします。

販売者の基本情報を入力することができ、これが”特定商取引法に基づく表記”に該当します。

この様に電話番号や責任者の名前等を記載して、あとは保存するのみです。

これが完了したら請求書を提出しなければなりません。

もらう手順については前述した通りで、それをクリアすれば無事カテゴリー申請が可能になります!
※レシート・領収書とは異なるので要注意

まとめ

Amazonの出品制限・出品規制について解説しました。

まとめると、下記の通りになります。

・一部メーカ-、ブランドに規制・制限がかかっている

・規制対象商品は多く存在し今後も増える可能性が高い

・規制を解除するには請求書を発行するか販売実績を積むかすればいい

現実的に解除する方法として最適なのは、販売実績を積むということです。

商品を仕入れる際は、規制がかかっている商品を調べることは最重要項目です。

仕入れて気づいては遅いので、事前に把握しておきましょう!

まずは月給+5万円目指しましょう!

せどりは星の数ほどあるビジネスの中で最も「再現性」が高いビジネスです。

再現性が高いという事は誰がやっても稼げるという事。

あとは「行動する」だけなのです。

結果を出している人は例外なく行動しています。

この無料プレゼントを受け取っていただき、成功までの足掛かりにしてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチオクブログ , 2020 All Rights Reserved.