年商1億店舗経営者がせどりをはじめたらこうなった

【初心者アフィリエイター必見】アフィリエイトのおすすめツールを有料・無料それぞれご紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
イチオク
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

アフィリエイトにおすすめのツールを有料と無料それぞれ紹介します。

あなたは、ツールが持つ「魔力」について知りたいですか?

この記事を読めばそれがすべてわかるようになります。

「魔力」で作業は確かにラクになりますが、稼ぐための“本質”についてもお伝えします。

イチオク

そもそもアフィリエイトにツールは必要なのか?

アフィリエイト作業でツールが必要かどうかは意見が分かれています。

確かに、大前提としてはツールはあくまで「補助」としての役割でしかありません。

ツールだけで全て作業が完結するような夢みたいな話はさすがにありません。

つまり、最後は「自分の手を動かす」ことが必要であることに変わりはありません。

しかし、全くツールを使用しないのもさすがに非効率すぎます。

作業を大きく助けるツールはたくさんありますから、やはり使用すべきなのです。

実際、稼いでいるアフィリエイターはほぼ全員ツールを使用しているのは事実です。

稼いでいる人がツールを使用しているのに、自分はツールなしで挑むのは無謀すぎます。

ママチャリでロードバイクにレース勝負を挑んでいるようなものです。

どれだけ夢中にヒメヒメ言いながらペダル漕いでも“限界”というものがあります。

なので、「使える」ツールは使うべきです。

これからアフィリエイトに役立つツールをあなたに教えます。

このツールを活用すれば作業がかなりラクになるでしょう。

ここで紹介した以上は必要ないので、後はひたすら“漕いで”ください!

アフィリエイトのおすすめ無料ツール【10選】

無料で使用可能なアフィリエイトのおすすめツールを10種類厳選しました。

この記事を確認したら後回しにせず今すぐに使用してみましょう。

サーチコンソール(Search Console)

Googleが提供する無料ツールであり、アフィリエイトをするなら絶対に欠かすことはできないと言ってよいほど「必須中の必須」ツールです。

最大の特徴はサイトにアクセスしてきたユーザーの検索クエリを知ることができる点です。

近年はGoogleが常時SSL化(暗号化通信)を推奨(実質強制)していることから、検索流入キーワード(クエリ)の大半がアクセス解析ツールでわからなくなっています。

しかし、サーチコンソールを使用すれば検索クエリを把握できるようになり、どのキーワードを意識して記事を作成すればアクセスを集めて稼げるようになるのか見えてきます。

3ヶ月以上も運営してくればかなりのクエリデータが集まるはずなので、そのクエリデータははっきり言って「宝の山」です。

どのようなクエリで検索流入しているか把握して、そのクエリの関連記事を増やしたり、逆に検索流入が少ないクエリは検索流入できるようにコンテンツを見直したりといろいろ対策が打てるようになるからです。

サーチコンソールは他にも様々な機能がありますが、検索クエリの把握という1点だけ見ても必要不可欠な最重要ツールであると断言できます。

サーチコンソールへのアクセスは↓
Googleサーチコンソール

Googleアナリティクス

こちらもGoogleが提供しているアクセス解析ツールで、無料アクセス解析ツールではもう比較対象がないほど充実しています。

単純に記事ごとのアクセス数が日単位、週単位、月単位等様々把握できる上に

 サイト滞在時間
 サイト表示速度
 直帰率
 離脱率
 アクセス流入元
 リアルタイムアクセス件数
 ユーザー属性(性別・年齢・関心の強い広告ジャンル等)

など、SEO対策やアフィリエイト商品選定などで知っておきたい様々な情報が把握できてしまい、無料提供されていることが信じられないレベルの高性能ツールです。

Googleアナリティクスへのアクセスは以下↓
Googleアナリティクス

キーワードプランナー

Googleの無料ツールに「キーワードプランナー」というものがあります。

検索キーワードの平均月間検索数と過去1年間の検索推移を知ることができるツールです。

検索を全くされないワードで記事を作成してもアクセスが全くありません。

完全に労力が無駄になってしまうのでアクセス数を知ることは重要です。

数値表示に関しては有料リスティング広告である「Google広告」を200円程度消化すれば、具体的詳細数字が表示されるようになりますが、それを利用しなくても大まかな指標(「100~1000件」等)の表示があるので、それだけの把握だけでも良いです。

また、過去1年間の検索推移を知ることで、季節性があるものなのか、今現在検索需要が増しているかどうかの判断もできます。

そして、アナリティクス独自の機能として関連キーワードをまとめて検索できる機能があります。

後述する「関連キーワード取得ツール」で、関連キーワードを全てまとめてコピーできる機能がありますが、キーワードプランナーではそのコピーした関連キーワードの平均月間検索ボリュームを全て一括で表示してくれる機能があります。

アフィリエイトではサイトが弱いうちはメインのセールス記事に対して内部リンクを送る関連記事作成が重要になるので、関連キーワードの検索ボリュームを知るためにはこれはとても役立つ機能です。

Google広告キーワードプランナーへのアクセスは以下↓
Google広告キーワードプランナー

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

このウーバーサジェストもGoogleキーワードプランナー同様にキーワードの月間平均検索ボリュームや過去1年の検索ボリューム推移がわかるツールです。

キーワードプランナーとの違いは、無料でも具体的なアクセス数が表示されることがまず大きいです。

ただ、徐々に有料化の流れになりつつあるのか、ある程度の上位ワードまでしか表示してくれず、無料アカウント作成をしてもやはり全て表示まではされず、完全なデータを求めるなら有料プランの加入が必要になります。

ただ、主要なワードは無料アカウント登録までで大体見れるので、有料プラン登録までする必要はないでしょう。

また、ライバルサイトのチェックが可能で、これはキーワードプランナーにはない機能であり、これがかなり大きなメリットです。

ライバルサイトのドメインを入れると

 月間の“想定”検索流入(アクセス)数
 検索上位ワード
 被リンク元
 アクセス上位ページ

これらの情報がわかってしまいます。
無料でここまでわかってしまうのはすごいというか怖いというか微妙ですが、ライバルサイトをかなり詳細に分析出来てしまいます。

ただ、検索流入数に関して検索クエリによる上位表示度合いから「想定」として算出している数字なので、厳密なそのサイトの「アクセス数」ではないのであくまで「ざっくりとしたアクセス数」くらいに判断しておくと良いです。

また、「ドメインスコア」という項目がありますが、これはかなり信憑性のない数字なので参考にしなくて良いです。

ウーバーサジェストへのアクセスは↓
ウーバーサジェスト

関連キーワード取得ツール

多くのアフィリエイターが活用しているとても便利なツールです。

特定のキーワードを打ち込むと、そのキーワードのあらゆる関連複合キーワード(2語、3語キーワード)を全て表示してくれる神がかりにありがたいツールです。

人力ではとても探しきれないほど膨大な情報を一瞬で引っ張りだしてくれるから本当に助かります。

アフィリエイトはサイトが弱いうちは関連複合キーワードで記事を積み重ねていくやり方が一番堅実なので、その複合キーワードを一瞬で引っ張ってきてくれるのはとてもありがたいです。

ここで得たデータを、上述したGoogle広告キーワードプランナーで一度にまとめて月間平均検索ボリュームを調べることができるので、検索数に応じて記事化するかどうかを振り分けして、記事作成する形にするとスムーズに作業が進みますよ!

関連キーワード取得ツール

GIMP

今や記事作成には欠かすことができなくなってしまったアイキャッチ画像や見出し画像。

その画像もただ張り付けるだけでなく、画像自体に様々な加工・編集をしてから張り付ける必要があります。

 文字入れ
 その文字の装飾
 レイヤーの挿入
 枠を入れる
 トリミング
 モザイク入れ
 リサイズ

など、様々な編集が必要になります。

画像編集ソフトは有料無料含めて星の数ほどたくさんありますが、その中で最も高機能でおすすめできるのが「GIMP」という無料ソフトです。

これはPCにインストールして使用するタイプのソフトですが、画像編集に必要な機能のほぼ全てを備えていてこれだけあれば有料ソフトの利用は必要がないと言えるほど優れています。

特に、近年重視されているアイキャッチ画像に入れる文字のグラデーションですが、これができる無料ソフトは意外と少なく操作法も面倒なものが多いですが、「GIMP」はグラデーション入れも簡単にできてしまいます。

「GIMP」は以下↓ページからダウンロード可能です
GIMP

XMIND

「XMIND」は、質の高いアフィリエイトには不可欠な要素である「マインドマップ」作成ソフトです。

マインドマップ活用の重要性は年々高まってきていて、今ではGoogleが重視する検索意図の理解にもとても役立ち、結果的にSEO効果にも繋がります。

また、マインドマップを活用することでアフィリエイトのセールスライティングの構成にも役立ち、アフィリエイト成約率向上も期待できます。

単純にマインドマップを活用すると頭の中でごちゃごちゃになっている情報やアイデアを体系的にまとめて視覚化することが可能になり、その結果さらにアイデアが連鎖的に出てきたり、思いついたアイデアを忘れないための忘備録としての効果もあり、アフィリエイトに限らず社会人全般的に大いに推奨したいほどのノート法です。

マインドマップ作製ソフトは有料・無料含め数ありますが、その中で無料ソフトの「XMIND」は機能面や使いやすさなど群を抜いて良いので、これを活用すれば他のマインドマップ作製ソフトを探す必要もなくなるでしょう。

XMINDへのアクセスは↓
XMIND

Clibor(クリボー)

Clibor(クリボー)はコピペ拡張ツールです。

普通コピペはクリップボードに1種類の単語や文字列しか保存できませんが、このCliborを使えば、なんと最大10000件も保存できて、いつでも貼り付けできるので、よく使うフレーズなどを登録しておけば記事作成が飛躍的に早くなるのです。

シンプルにコピペを拡充させるだけのツールですが、実際使ってみるとこの便利さに「なぜもっと早くこのツールを使わなかったんだ!」と激しく後悔するほど恐ろしく便利なツールですよ!

Clibor(クリボー)のアクセスは以下↓
Clibor

連想類語辞典:日本語シソーラス

SEO対策に重要な「共起語」を効率よく発見できるツールです。

共起語を知りたいワードを入れて検索するだけで膨大な類義語が表示されるので、その中から「共起語」として使えるワードを拾うだけで良いのです。

「共起語」は「類語」がすべてではありませんが、「類語」が共起語になることが多いので、類語を多く記事に入れることで検索ユーザーのアクセスを多く拾えるようになります。

いちいち共起語を1つ1つ自力で探すのはものすごく大変なので、このツールを使えば圧倒的に作業効率がUPします。

日本語シソーラスへのアクセスは以下↓
日本語シソーラス

ちえのわ!

記事ネタが浮かばない時にとても役立つツールです。

自分のサイトのメインキーワードで検索すると、そのキーワードの関連キーワードが一瞬で表示されます。

図とテキスト両方で表示されるので、視覚的にもとてもわかりやすい上に、テキストをすべてコピペしてGoogle広告キーワードプランナーで平均月間検索ボリュームをまとめて調べることができます。

また、マインドマップ作成もこれを見ればそのまま利用できるので、しんどいマインドマップ作製の苦労からも解放されます。

「ちえのわ!」のアクセスは以下↓
ちえのわ!

ここまで無料のツールを10種類紹介してきましたが、有料ツールではさらに強力なツールがたくさんあります。

その中から5種類厳選して紹介します。

アフィリエイトのおすすめ有料ツール5選

アフィリエイトのおすすめ有料ツールを5つ厳選しました。

どれもそれなりに費用が発生しますが、自分の力だけで取り組むよりも圧倒的に作業効率が高まります。

「自分で稼げるようになってから」と考えがちですが、正直なところその考えだとほとんどの人がいつまでも「稼げるようになる」時が来ないまま挫折してしまいます。

出費を避けたい気持ちは誰でも同じですが、これは「成功への最短ルート」のためと割り切って、最初の段階から導入することで結果的には大きなお金になって返ってくるのです。

必ずしも、この5つの全てが必要というわけではありませんので、自分に必要と思ったものは使用することをおすすめします。

Cワード

Cワードは検索上位表示サイトから共起語や文章校正を丸パクリして、それをコピーコンテンツにならないように変換した記事を作成してくれる魔法のようなツールです。

そのような記事をたくさん投稿して、上位表示できる穴場キーワードを見つけて、そこで稼ぐという趣旨のツールです。

さすがに有料ツールだけに一気に便利度のレベルがUPして、「では、もう自分で記事を書かなくて良いということ?」と思わされますが、さすがにそこまでは甘くないです。

作成される文章は日本語的に不自然な内容のものなので、それだけではアフィリエイトリンクを踏んでもらえませんし、そのような記事ではASPの広告提携審査にも通らないでしょう。

上位表示できたタイミングですぐにまともな記事にリライトする必要があるので、後述する順位チェックツールの「GRC」が必須になりますが、この2つを組み合わせることでキーワード選定・共起語選定・構成作成・記事作成という面倒な作業にほとんどが不要になるメリットはかなり大きいものになります。

価格は14,800円の買い切りです。

Cワードへのアクセスは以下↓
Cワード

GRC

GRCは検索順位チェックツールです。

アフィリエイトをやる以上、日々の検索順位のチェックは必要不可欠です。

しかし、サイト数や記事数が増えてくるとチェック数も膨大になり大変になります。

その作業を簡単にしてくれるのがこのGRCです。

有料ツールで、価格は機能に応じて年額4,500円~22.500円と開きがありますが、順位チェックツールでこの価格帯は安い部類な上に、機能(チェック速度)が圧倒的に速いのです。

はっきり言って、他のツールは高い上に遅い(重い)ので作業効率を著しく低下させます。

この「GRC」は大物アフィリエイターや企業サイトなどほぼ確実に使用しているツールです。

上述した「Cワード」を活用するにも必須のツールです。

GRCへのアクセスは以下↓
GRC

SocialDog(ソーシャルドッグ)

SocialDogは今や集客に不可欠になってきたTwitter戦略を大きく助けてくれるツールです。

主な機能は

 キーワードフォロー機能
 キーワードモニター機能
 フォローのお礼自動返信機能
 フォロー・フォロワー管理機能
 予約投稿スケジュール管理機能
 ツイート分析機能

上記のような多才な機能がたくさんあり、キーワードフォロー機能やフォロワー管理機能は「濃い」フォロワー獲得に大きく役立つすさまじく便利な機能です。

この機能はなぜかあまり知られてなく、活用している人はまだ少ないので今から使用しておけばライバルに差をつけるチャンスです。

使用料金は

 無料プラン
 月額780円
 月額3,980円

の3タイプがあり、予約投稿件数やキーワードモニター件数によって違いがありますが、無料プランではさすがにメリットがほとんどないので、有料のプランを使うことになります。

SocialDogへのアクセスは以下↓
SocialDog(ソーシャルドッグ)

ahrefs(エイチレフス)

Ahrefsは競合サイトを徹底分析して、その稼いでいる秘密まで抜き出してしまう恐ろしいツールです。

アフィリエイトをやる以上は、ライバルサイトの調査・分析は必須であり、ライバルがどんなキーワードや集客をしているか把握して、その情報を活用しなければなりません。

Ahrefsを使用すれば

 競合サイトの上位表示キーワードとアクセス流入数
 競合サイトの被リンク数と被リンク元分析
 競合サイトのドメインパワー
 競合サイトのSNSシェア

上記のようなサイト運営者にとっての「企業秘密」に匹敵する重要情報も丸見え状態になってしまいます。

ライバルチェックだけでなく、単純にキーワード自体の様々な詳細分析も可能であり、まさに最強SEOツールと呼べる超高機能ツールです。

ウクライナとシンガポールの企業が合同で運営しているWebツールで、料金はドルによる支払いになり、価格は99ドル~999ドルと幅広いですが、「スタンダードプラン」の179ドルを選択するのが無難です。

最安の99ドル(ライトプラン)では制限が多すぎてとても使えないからです。

月額で日本円にして約2万円が必要になる上に、無料お試しもないのでかなり勇気のいるツールですが、それだけの価値があるからこそ上位アフィリエイターは皆使用しています。

Ahrefsへのアクセスは以下↓
ahrefs

クラウドワークス

究極の作業効率化はクラウドソーシングの活用です。

記事作成を外注化して、他人にお金を払って記事作成を丸投げする考え方です。

大きな金額を稼ぐアフィリエイターになればなるほど記事の数も求められ、外注化なしで稼ぎを維持している人はかなり少ないのが現実です。

1人でできる作業には限界もあり、さらに不得意分野作業に手を出すならば自分で調べるのも苦痛ですから、その分野に詳しい人に記事を書いてもらうった方が圧倒的に効率的です。

どうしても気になるのが外注費用ですが、こればかりは記事の質や文字数を求めれば月10万円以上必要になるので稼いでいる人でないと難しいですが、高いレベルを求めなければ月に1~2万円で済んでいる人も多いのです。

月1~2万円払うだけで、自分はほとんど作業もせずに収入が入り続けるのであればとても魅力的な話ですよね。

そのためには最低限キーワード選定スキルやサイトの強さなどが必要になりますが、記事作成が苦手なら稼げる前から思い切って外注化でスタートしてしまうやり方もあります。

結局お金をどれだけ投資できるかで作業効率も上がり、稼げる可能性も高まるのは事実です。

このクラウドワークスによる外注化は特に「金で時間を買う」視点が強い方法です。

ある意味「不労所得」に近い形を構築することも不可能ではないので、延々とキーワード探しやライバルチェック、記事作成に疲弊するくらいならその作業全てを外注化で丸投げしてしまうやり方もあるのです。

投資0円で月に何十時間も自分で作業して数万しか稼げないのと、数万円を投資することで自分がほとんど何もせずに月に数十万円以上稼ぐのとどちらが良いかの判断になります。

しかし、良いライターを探すのも、記事の質やコピペの有無などチェックの手間もあり、全く作業の必要がないわけでもなく、最低限の実力は必要になります。

クラウドワークスへのアクセスは以下↓
クラウドワークス

まとめ:ツールが持つ“魔力”と危険性について

この記事では、無料ツール10種類と有料ツール5種類の合計15種類を紹介しました。

無料ツールに関しては「必須」レベルのものであり、大いに活用して作業効率化をしてもらいたいと思います。

しかし、有料ツールに関しては「魔法」の域に近いほど便利なものもあり、それに依存してしまう危険性もあるのです。

有料ツールを使えば作業が劇的にラクになりますが、自分自身の力がついたわけではないことも事実です。

例え、クラウドワークスやランサーズで外注化するとしても、依頼する自分自身に稼ぐための記事作成スキルやキーワード選定力などがなければ稼ぐことはできないので、外注費の無駄遣いになってしまいます。

本質的な記事ライティング能力や、SEO対策等基本的な実力の土台の上でツールを活用することで初めて大きな成果がでると認識してください。

ツールはある日突然終了して使えなくなることもありますから、ツールに依存していたらその時には路頭に迷うことになってしまいます。

ツールだけで1から100まで全て完結するものではないですから、ツールの「魔力」に依存しすぎず、あなた自身のアフィリエイトスキルを常に高める意識も忘れないでください。

まずは月給+5万円目指しましょう!

せどりは星の数ほどあるビジネスの中で最も「再現性」が高いビジネスです。

再現性が高いという事は誰がやっても稼げるという事。

あとは「行動する」だけなのです。

結果を出している人は例外なく行動しています。

この無料プレゼントを受け取っていただき、成功までの足掛かりにしてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
イチオク
どうも!イチオクです。/ 飲食店を軸に様々なビジネスで稼ぎまくる / 飲食業年商1億2000万 / アフィリ累計収入1000万オーバー / FX2019年800万利確 / せどり2020年1月からスタートし3ヵ月で月収30万達成!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチオクブログ , 2020 All Rights Reserved.